埼玉、東京を中心にサンドブラスト、ショットブラストによる梨地処理 金属、非金属のブラスト処理全般 タムラ加工

梨地処理

梨地処理

TOP >梨地処理
ブラスト処理による梨地が表面を変える。
・塗装、鍍金の下地処理・塗装、鍍金の剥離処理
・摩擦率調整・反射率調整
・装飾仕上げ・保油性向上
・離型性向上・表面積増大
・熱伝導率向上・傷隠し
梨地比較
梨地比較
ブラスト前
素材(真鍮)
ブラスト後
素材(真鍮) ブラスト材(鉄粉)
ブラスト前
素材(アルミダイカスト)
ブラスト後
素材(アルミダイカスト) ブラスト材(アルミナ)
ブラスト前
素材(真鍮)
サンドブラスト後
素材(真鍮) ブラスト材(鉄粉)
ブラスト前
素材(アルミ)
ブラスト後
素材(アルミ) ブラスト材(アルミナ)

梨地処理とは

梨地処理とは、ショットブラスト、又はサンドブラストで製品の表面に無数の凹凸を作り、 文字通り梨の肌の様な表面にし、塗装・めっきの下地処理、面粗し、摩擦力調整、化粧仕上げなどを行なう表面処理方法です。 ブラスト材によってはバリも同時に処理することが出来ます。

又、弊社では半自動ブラスト機などを使用し手動では成し得ない表面粗さの均一安定化も可能です。 御希望の面粗度にバラつき無く均一された表面に仕上げます。

Menu

ショットブラスト エアーブラスト バリ取り 梨地

ショットブラスト サンドブラスト ブラスト処理
埼玉県入間郡三芳町上富857−7
有限会社 タムラ加工